書籍紹介

書籍紹介記事のまとめページです。

力学系入門とストロガッツの違いメモ

力学系入門とストロガッツを読んでいてなんとなく感じた両者の違いをメモっておくのでよければ参考にしてください。 厳密に比較検討したわけではないので実際と齟齬があるかもしれませんが、気づいた点などあれば連絡をいただけるとあり […]

コメントなし

力学系とそこからの本いろいろ

力学系が勉強できる本と、力学系を一通り勉強したあとに読むと楽しいんじゃないかなっていう本をいろいろ紹介してみます。なお、ここで紹介している本については、すべて所有してはいますが、かじり読みしたものや辞書的に使っているもの […]

コメントなし

書籍紹介『学んでみると生態学は面白い』

『学んでみると生態学はおもしろい (BERET SCIENCE)』(伊勢武史 著、ベレ出版)の書籍紹介です。専門書とはちょっと違った、おそらくは一般向けの本ですが、統計数理研究所の公開講座で参考書として挙げられていました […]

コメントなし

書籍紹介『「カオス」入門の入門』

『「カオス」入門の入門』(シ 著、暗黒通信団)の書籍紹介です。 界隈では有名な暗黒通信団さんから出版されている書籍です。 タイトル通り、内容はカオスに関するもので、全16ページです。「入門の入門」と題し、全16ページです […]

コメントなし

書籍紹介『複雑ネットワーク 基礎から応用まで』

『複雑ネットワーク―基礎から応用まで』(増田直紀、今野紀雄 著、近代科学社)の書籍紹介をしたいと思います。 この本は僕が複雑ネットワークの勉強で最初に用いたものです。 タイトルの通り、複雑ネットワークの基礎から応用までカ […]

コメントなし

書籍紹介『力学系入門 ―微分方程式からカオスまで―』

『Hirsch・Smale・Devaney 力学系入門 ―微分方程式からカオスまで―』(Morris W.Hirsch、Stephen Smale、Robert L.Devaney 著、桐木紳、三波 篤郎、谷川清隆、辻井 […]

コメントなし

書籍紹介『基礎からの力学系 分岐解析からカオス的遍歴へ』

『基礎からの力学系 分岐解析からカオス的遍歴へ (臨時別冊・数理科学 SGCライブラリ)』(小室元政 著 サイエンス社)を自分なりに読み終えました。 今は『基礎からの力学系―分岐解析からカオス的遍歴へ (SGC BOOK […]

コメントなし